お金の話

年金が危ない!投資をしないと生きていけない時代

こんにちは、くじらっきーです。

私の地元では、雪まつりの最終日を向かえています。

今年は、温かい日も多く、途中で雨が降ってしまい、雪像やばめでした><

すごい人だったなー・・いつもこの時期は人に溢れ外国人も多くなります。

たくさん日本にお金おいてってね!w

 

さて、前回は、日本人の投資に対する偏見はなぜかを考えてみました。

日本人はなぜ投資をしないのか?

今回は、日本でも投資をしなければならない時代がきている!

ということを話していこうと思います。

投資は必要か?

投資が必要か?の質問に、くじらっきーは迷わずYES!絶対必要!と断言します。

前回の記事で、日本人の個人金融資産の半分は預貯金だとわかりましたが、

実は、先進国であるドイツも10年くらい前は同じような状況でした。

ですが、ドイツ政府や金融機関が『貯蓄から投資へ』の流れを強め、

現在ではドイツの個人金融資産に占める預貯金の割合は40%くらいまで低下しました。

堅実な国民性で知られるドイツでも投資への流れを国をあげて築いてきています。

じゃあ、日本でも同じように、もっと国が推進を進めていけよ!と思いますよね。

確定拠出年金と積立NISA

実は、日本政府も投資をしなさいよと勧めてはいるのです。

その一つが、確定拠出年金です。

確定拠出年金法の目的は、少子高齢化の進展、高齢期の生活の多様化等の社会経済情勢の変化にかんがみ、個人又は事業主が拠出した資金を個人が自己の責任において運用の指図を行い、高齢期においてその結果に基づいた給付を受けることができるようにするため、確定拠出年金について必要な事項を定め、国民の高齢期における所得の確保に係る自主的な努力を支援し、もって公的年金の給付と相まって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする(第1条)。

引用元:Wikipedia

何やら、難しい説明ですよね。少子高齢化、高齢期の・・ってキーワードが出てきますが、

ズバリ「年金が危ないってことなんでしょ!

実は、この制度自体は、2001年から始まっているのです。名前は聞いたことあってもあまり

知られていませんでしたよね。

この制度が、昨年(2017年1月)から、従来は、自営業者(第1号被保険者)や、

勤務先に企業年金がない会社員(第2号被保険者)などに限られていたのですが、

勤務先に厚生年金基金または確定給付企業年金がある会社員、

企業型確定拠出年金がある会社員、公務員、専業主婦(主夫)(第3号被保険者)

も、利用できるようになったのです。

しかも掛け金は所得控除の対象にもなります。

なので、もっと多くの人が利用してくださいね。

年金が危ないから!っていう国のメッセージですね。

 

もう一つが、こちら

引用元:金融庁HPより

NISA(少額投資非課税制度)の積立版です。

このつみたてNISAは、今年(2018年1月)から開始です。

従来のNISAと比較すると、非課税で運用できる期間が長くなっています。

(NISAは5年、つみたてNISAは20年)

そのかわり、1年で投資できる金額が40万円までとなっています。(NISAは120万円)

長期に少しずつ積立を行って、リスクを分散させて、安定した利益を得ようという方に

向いている制度と言えますね。

 

以上の制度は、3つとも、得られた運用益や配当金は非課税となります!

株やFXなどは、投資で得た利益って、申告分離課税として20%の税金が取られてしまいます。

仮想通貨は、総合課税のため、15%~55%です。利益が大きいほど税金は多くなります。

その点、確定拠出年金やNISA・つみたてNISAは国の制度で優遇されている投資と言えると思います。

国も実は投資を勧めている!

おやおや~2017年は確定拠出年金の制度拡大。

2018年には、つみたてNISA開始。

と立て続けに、投資に対してメスが入ったと思いませんか?

確定拠出年金は厚生労働省。

つみたてNIISAは金融庁。と両者は管轄は違いますがね。

この状況を見て、くじらっきーは思うのです。

いよいよ年金がやばいのか!

明らかに、焦ってますよね。ここにきての投資プッシュ。

 

ただ、投資ってご存知、リスクが発生するものですから、国もそう簡単にプッシュはできなかった。

でも、利益は非課税にするから~。所得控除するから~。と本当は勧めたいんですよ。

本当は、もっともっと大々的にアピールして、

いや、むしろ全国民が利用してほしいんですよ。

え、なんでって?

そりゃあ・・・

年金が危ないからですよ!!!

でもね・・でもね・・お国さんはね・・

年金が危ないから投資して早めに老後の資金貯めてね!

なんて口が裂けても言えないんですよ・・・

言えるわけねぇ・・

年金制度が崩壊するなんて言った日にゃ国民は年金払わなくなるだろうし・・

そうなったら、今後もっともっと高齢者増えていくのに

投資をしてこなかった高齢者層が、年金もらえなくなったら

全員生活保護になっちゃう・・・

医療が進みすぎて平均寿命も延びすぎちゃったし・・・

寿命が延びた分、定年を65歳いや・・70歳まで働いてもらって

年金受給開始を引きのばしてお茶を濁すくらいしかできねぇ・・

そうだ、ごまかしてごまかして、今から少しずつ国民が投資するように

仕向けて行くこう!

そして、投資人口が増えてきた時に、年金もう無理でーすって言おう!

でもみんな投資してきたから、自己資金で生きていけるよね!ってなるよね。

うんうん、そうしよう。どんどん投資を推進していくぞー!

ってな感じで、国は考えてるんですよ!

おわりに

さて、後半はくじらっきーの妄想もだいぶ入りましたが、

国が投資を勧めているというのは、間違いないと思います!

本当は、投資ブームを巻き起こしたいと考えているのです。

投資が「怖い」「一部の人が行うもの」という考え方は

次第に過去のイメージとなっていきます。

投資をしないと生きることすら厳しい時代は、もう目の前にきているんです。

ABOUT ME
くじらっきー
低収入と言われている福祉の仕事をしながら、資産形成のために投資を行っています。過去の投資体験から学んだものを生かすべく、成功の道筋を日々探求している。

LINE登録無料です!

LINE@に登録すると、こんなメリットがあります!

・定期的なブログ更新情報を得る事が出来る!

当ブログでは、投資に関する情報、仮想通貨の話題(各通貨の情報やお得なエアドロップ情報など)、投資に関する知識など、筆者の投資経験を生かして、情報発信しております。

全て、無料でお届けしているので、余計な費用は一切発生しません!

是非、繋がりましょう!

 

友だち追加

POSTED COMMENT

  1. とみます より:

    なるほど~、勉強になりますな。
    政策の裏側から読み解く、年金の危うさ。
    私は20代ですが、年金をあてにしていません。
    あとから「推進してきたよね」と国に言われたりだとか( ゚Д゚)/
    事前に準備していきます!!

    • くじらっきー より:

      とみますさん

      私は、もうすでに20年払い続けてきたので
      非常に敏感ですw
      やっぱり払ってきてるんだからと期待してしまう
      のもわかるんですよね。
      でも無い袖は振れないですからね・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です