仮想通貨

草コインの見分け方・考え方(良い草コイン・悪い草コイン)

こんにちは、くじらっきー(@toushikujilucky)です。

私の所有していたHTMLコイン内紛問題もあり、草コインのリスクについて考えさせられました。

そういったリスクを承知してやっているわけですから、こういうことも当然あります。

全体のポートフォリオを考えるとたいした損害ではないのですが、

草コインの中では一番ウェイトを傾けてただけに残念ではありますけどね。

そんなわけで、今回は草コインの考察です。

草コインとは

草コインに関しては、別に正しい定義があるわけじゃない。造語です。

語源はshitcoin(シットコイン)らしいです。

shit=大便をするという。要は汚いコインですよって意味。いわば海外版のネットスラング的な感じですな。

その表現は、日本ではあまりにも適切な言葉もないので・・・だってウンココインなんて流行んないじゃんw

w=草生える=草って感じで、笑っちゃうほど価値がないコイン=草コインと言われるようになったんでしょうね。

ですので、個人の捉え方で草コインか、草コインでないか判断すれば良いのではと思います。

人に言ったら、草コインって言うな!!って怒られるかもしれませんがねw

くじらっきー的草コイン

くじらっきー的草コインは、

日本円で言うと、1円以下を草コイン

10円以下を準草コイン扱いしちゃってます。

ただ、この値段での決め方は本来的には違う。

コインごとに発行枚数が異なりますから、発行枚数の多いものは値段が低いですし、少ないものは高いです。

本来は、時価総額でみるべきだとは思います。

ですが、くじらっきーは、少ない資金からでも購入することができる。

枚数も多く保持できる。

などのメリットを重要視しています。

ですので、発行枚数の少ない値段の高いコインは私の場合対象から外れます。

だって、なんか安く買えていっぱい保持できるなんて、なんだか嬉しいじゃないですかw

それに、値段の低いものって買いやすいイメージがないですかね?

ビットコインやイーサリアムを買って、残りの残金で何か買えないかな~と探したりしませんか?w

草コインは宝探しのようなもの

さて、そんな草コインですが、どういうイメージで考えれば良いか。

お宝探しですかね。

良い草コインを発見したぞ!やったあ!!

でも開けてみたら蛇が出てきた~っていうようなコインもあれば、たくさんの金塊が出てくることもある。

正直、数千種類の草コインの中から、本当のお宝を発見するのは、大変です。

ましてや、作成されたばかりのできたばかりのほぼ無価値な草コインの状態で見分けるのは無理。

私には、時間も情報収集力もありません。

ちなみにやってみたい方は、こちら⇒ビットコイントーク日本語ページ

誕生したばかりの草コインはほぼここに出ます。ここにすら出ていないコインはSCAMなのではと疑いましょう

どのような草コインを選択するか

さて、値段が低くて良い草コインとはどのようなものか・・

HPやTwitter等(更新や情報発信も)があるか

これは、最低限ですね。

情報発信するソースを確認する場がなければ話になりません。

マーケティング力があるか

そして、マーケティング

草コインなので、そもそもここがうまくいってれば、草コインになってないし、まだ始まってもいない可能性がありますが、今後うまくいく要素が感じられるか。

草コインからメジャーコインへの登竜門と考えるべきでしょうか。

どんなに、良いものでもその魅力が多くの人に伝わらなければ意味がありません。

良い職人がいても良い商人がいないと発展は望めません。

マーケティングの方法も重要です。

私は、仮想通貨界隈(ICO前など)で多い、セミナーのような狭いコミュニティで「絶対儲かる!絶対成功する!」等と、信者を集めてそこからネズミ講のように広めていくというマーケティングは大嫌いです!!

情報を信じるも信じないも各個人次第ですが、日本人は騙されやすいですから、今後こういったマーケティング方法の詐欺通貨が横行すると予想されます。本当に気をつけてくださいね!

開発がきちんと進んでいるか

これも第一ソースはHPやTwitterになるのですが、他にも確認方法をいくつか。

まずは、こちら

コインマーケットキャップ

ソースコードをチェック。

定期的に更新されているか、情報確認。吟味しましょう。

できてまもないコインはソースコードが未発表の場合があります。

そういう場合も、いつ出るのか。等をHPやTwitter等でチェックしていくのが良いかもしれませんね。

続きまして、こちら

コインゲッコー

①完全トリメックスコアは、時価総額・流動性・開発者・コミュニティおよび公益の累計スコア。コインゲッコーさんで評価した点数ってことですね。時価総額上位のものほどスコア高となっています。

②主な取引活動は、市場占有率・市場成熟度・市場受容性の測定値です。流動性が低いほど、これから広がる可能性がありますが、高いとメジャーアルトコインに近づくという感じですかね。

③ソースコードポヂトリアクティビティは、開発進行状況。コインは革新していくことで、価値が生まれますので、ここの開発状況でそのポテンシャルを図ることができます。

④ソーシャルメディア&ディスカッションボードは、コミュニティの活発度です。強力なコミュニティであればあるほど、より良いアイディアがコインに組み込まれ新しい機能が追加されたりと大事な要素となっています。

もちろん、それぞれのサイトの独自の評価となっていますので、これのみを参考にしてというのではなく、多角的に見て判断するのが賢明でしょう。

コミュニティについて

コミュニティは、コインの活発度を見るには有効ですが、良い情報と悪い情報もあるので、その取捨選択が重要となってきます。

例として、テレグラムやTwitter等で、値段の話しか出てこなかったりするコミュニティは悪いコミュニティです。

そりゃあ、推し通貨なら、値段の話もしたくなるし、みんな買ってほしいと思うのでそういう発言がダメとは言いませんが、本当に良いコミュニティであるなら、コイン自体の成長や発展を願い、様々な議論が活発となっているはずです。

草コインのポテンシャル

草コインはどのくらい値上がりするのか。

コインゲッコーXVG/BTCチャートより

XVGのチャートです。2017年月初は$0.00002、それが、昨年暮れには$0.2619。

13000倍強です!

1万円分買っていれば億り人です!!

まぁ、こんなコインは稀ですが、数10倍・数100倍などは普通にあります!

ポテンシャルまじすげー・・・草コイン!

草コイン草コインって言ってはいますが、今あるメジャーアルトコインだって、最初は草コインだったんですよ。

そう、XRPやXEMだって!それが、いまや多くの人が知るコインになったわけですから・・・

おわりに

さて、くじらっきー的に草コインの見分け方を考えてみました。

今、現時点でも数千種類のコインがあり、いくつものコインが誕生しています。

その中で、ダイヤの原石を見つけるのは大変です。

ですが、自分が納得のいくコインを見つけて保持して応援する!

というのは、この仮想通貨市場を楽しむ一つの方法なんじゃないですかね~。

最後に、草コイン投資に関しては、確率も薄いことから、本当にギャンブルに近いです。

もちろん、宝くじなんかよりははるかに確率は高いですが。

でも、HTMLコインみたいに、色々調べて、これだ!

と思ってもアクシデントにあたりましたからね。

CEOと開発チームの内紛なんて、内部情報すぎて予見しようないって・・・w

草コインに一喜一憂するのは楽しい半面、心も擦り減りますので、

投資割合は自己資金の10%未満程度にするのが望ましいです。

資金が尽きれば全てが終わる・・・

草コインへの投資は、よくよく精査して自己責任で行ってくださいね!

それでは、良いトレードライフを!

ABOUT ME
くじらっきー
低収入と言われている福祉の仕事をしながら、資産形成のために投資を行っています。過去の投資体験から学んだものを生かすべく、成功の道筋を日々探求している。

LINE登録無料です!

LINE@に登録すると、こんなメリットがあります!

・定期的なブログ更新情報を得る事が出来る!

当ブログでは、投資に関する情報、仮想通貨の話題(各通貨の情報やお得なエアドロップ情報など)、投資に関する知識など、筆者の投資経験を生かして、情報発信しております。

全て、無料でお届けしているので、余計な費用は一切発生しません!

是非、繋がりましょう!

 

友だち追加

POSTED COMMENT

  1. とみます より:

    マーケティングという視点良いですね。
    私も取り入れます!!

    • くじらっきー より:

      とみますさん

      マーケティングは大事だと思います。
      マーケティング分野に優秀な人材がいると
      違いますよね。
      判断がなかなか難しいですがw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です