その他

被災してはじめてわかった災害への備えの重要性

こんにちは、くじらっきー(@toushikujilucky)です。

9月6日未明に起きた、北海道胆振地方を震源とする大地震。

くじらっきーの住む北海道は比較的地震が多い地域なのですが、

ここまでの大きな地震は生まれてはじめて体験しました。

そして、実際に地震の影響で困ったことが起きたのもはじめて。

改めて、震災の恐さを思い知りました。

ただ、こうしてブログを更新できているので、運が良かったほうです。

まだ、震災による影響が続いていますが、今回の地震で困ったことや災害に対する備えなどを改めて、記録しておきます。

9月6日未明に起きた地震と直後の経過

9月6日午前3時頃、ガタガタガタゴゴゴという音とともに、強い揺れが発生。

爆睡中でしたが、さすがに目が覚める。←震度1~2程度では目が覚めない人

鏡が倒れ、本棚から本が散乱。

慌てて飛び起きましたが揺れが強く立っているのも辛かったです。

揺れが収まり、一安心。

電気をつけようとしても、つかず。

停電か・・・

懐中電灯は、、車の中・・・

しょうがない。ペンライトで代用し灯りを照らします。

簡単に片付けて、明日もあるし寝よう・・

5:30に目を覚まし、地震の情報を確認しようとTVを点けようとするもつかず。

あれ?まだ停電?

カーテンを開けて、外を見る。

信号が突いていない。

慌てて、スマホで情報を確認すると、

真っ赤に地震警報等が表示されている。

これは、大事だぞ!?ということに初めて気づく。

とりあえず、自宅内確認。電気はダメだが、水は大丈夫な様子。

しかし、我が家はほぼオール電化。何をするにも電気が必要。

痛い状況だ。

6時を過ぎて、会社の人から、JR全線止まってるよとLineで連絡が入る。

JRも駄目。地下鉄も駄目。となると、車か・・・

ひとまず、上司に連絡。

なんだか、電波が悪く、はっきりと通話はできないが、

わかったこととしては、会社付近も全面停電。

信号も点いていない。

自宅から、信号が点いていない中、1時間半かけて出勤するのは自殺行為。

よって自宅待機となりました。

携帯不通、コンビニに人が殺到

ひとまず、出勤がなくなったので、情報収集。

スマホで・・・・

!!??

電波がない・・

さっきの通話の時もおかしいと思っていたが、携帯の電波までなくなるなんて!?

頑張れ!4G!

祈りも虚しく、灯る圏外の表示。

この緊急時で回線が混み合っているのかとも思いましたが、そういう理由でもなさそう。

自宅の固定電話は、光電話のため、停電時にはまったく役にたたない。

情報断裂。

一気に不安がよぎります。

ふと、窓の外を見ると、向かいのコンビニに人が殺到しています。

食料品や非常用の備品を求めてでしょうか。

長蛇の列がなされています。

慌てて、自宅内にある備品や食料品をチェック。

 

食料・・・カップ麺やインスタント麺、お菓子等は数個あるが、心もとない。

飲料水・・・普段から常に買い置きしてるので十分。数日分は問題なし。

カセットコンロあり、携帯ガスボンベは1本半くらい。

スマホ用携帯充電器あり。数回分の充電はOK。

懐中電灯の予備電池は、1セットのみある。

ラジオはなし。

テッシュやトイレットペーパー等は、十分ある。

 

うーん、問題は食料品か。ラジオもほしい。携帯ガスボンベも念の為補充したいところ。

よし、思い切って買い出しに出かけよう!

スーパー・ホームセンターは戦争状態

歩いて数分の、街中まで徒歩で行動。

信号も点かないので、車の動きを見ながら横断歩道を渡ります。

車の運転者も徐行運転をしてくれています。

だけど、あちこちで事故が発生しているのか、緊急車両のサイレンが、頻繁に鳴り響いています。

カオス状態。

そんな中、近くのイオンに到着するも・・・

すでに数百人の長蛇の列。店の電気がつかないため、野外での販売のみ。

店員が、列を整理し、買える個数を制限し、手計算で会計をしていました。

こんな非常時に営業してくれるだけで、頭が下がります。

かなりの時間(1時間半くらい)並んで、買えた物は、カップ麺10個とパックご飯5個セット×2。

その帰りに、運良く、パン屋さんが在庫をさばくために、目の前で開店。

複数個ゲットすることに成功!

さらに、別の店に行き、サンマやツナの缶詰をゲット。

ひとまず、食料品をゲットできたので、我が家の夫婦二人が、2~3日生活する分には大丈夫そう。

そこで、少々危険だけど、近くのホームセンターに行ってみようということに。

その道中、車内でラジオを聞きながら・・・

「苫東発電所がダウンしている。復旧の目処は立っていない」

まじか・・・

これだけ停電長く続いたの生まれて初めてですわ・・

しかも目処が立っていないだなんて・・

何とか、信号なしの道路をくぐり抜けてホームセンターに到着。

しかし、店頭には、「ラジオ・カセットコンロ・携帯ガスボンベ・ポリタンク・電池は売り切れました!」と張り紙がされていました。

目的の物は買えず・・・

仕方ない。帰ろう。

と、そこでふと自動車の燃料を見ると、1/3しかないじゃマイカ!!

やばい。これはやばい。

慌てて、ガソリンスタンドを探します。

しかし、どこもロープがかかっていて、閉鎖されています。

オワタ・・・・

大人しく家に帰ろう・・・

ガソリンスタンドがやってない

自宅内・近辺だと携帯の電波がないため、先ほどの街中まで移動。

そこでは、辛うじて4Gの電波が1~2本くらい立っていた。

どうやら、この近辺だけは非常用の電源があるようで、ただの1ヶ所のみ信号が点いている。

会社や実家に連絡を入れ。そしてツイッターで情報を確認しようとするも・・・

SNS繋がり悪いよ・・・

辛うじて、ゲットした情報で、空港近辺のガソリンスタンドがやっているという情報あり。

投稿は、2時間前・・・

ダッシュで自宅に戻り、とりあえず信号のない中、命がけで目指す。

おぉ、灯りが点いている!空港付近だけは電気が復旧しているのか?

信号も点いている!

目的地のスタンドが見えた!

車が長蛇の列をなしている。

いや、待つのは仕方ない。それより燃料満タンにして安心させておくれ!

と思っていたら・・・・・

店員が手を交差させている。

何ですと!?

「え、どういうこと?」

「すいません、もう燃料がありません」

・・・・・・

オワタ・・・・

しかも、目の前で、1台前の車はOKなのに・・・

運が悪すぎる・・・・

燃料&精神力消耗

灯りのない夜・・・恐い

そうこうしている内に、日の入りの時間となり、あっという間に真っ暗になり自宅に到着。

いつもの癖で、電気のスイッチをON。

点くわけがない。ショート防止のために、ブレーカーも落としてたし。

懐中電灯で灯りをともしながら、カセットコンロを出して、湯を沸かし、パックご飯とカップラーメンと缶詰で夕食を取りました。

ここで、初めて知った情報が役に立つ!

車内のラジオで聞いたところ、懐中電灯をペットボトルで照らすと、灯りが拡散されて室内が明るくなるそうな!

さっそくやってみる!

おおっ!これはかなり良い!(ラベル剥がせってねw)

懐中電灯の大きさによっては、500mgのペットボトルを下からあてるのも良いようです。

というわけで、希望の光とも言える、乏しい光の中、夕食を取ったところで19時。

何もすることがない・・・

携帯の電波もない。灯りもない。

もう寝ることしかできません!

19時に寝るなんて・・小学生の時以来か・・

というわけで、就寝。

停電から復旧、電気のありがたさを感じる

19時に就寝後、22時にふと目が覚めたんです。

で、いつもの癖でスマホの時間をかくに・・

ん!!??

電波がある!光る4Gの文字!

慌てて、カーテンを開くと、

おおおおおおおお!信号が点いてるううう!!

「ちょい!電気復旧したんでないか!!??」

ブレーカーを上げると、チカッという音と共に、まばゆい光が・・・

聞くところによると、20時頃に復旧したとのこと。

電気ありがてぇぇぇ!!

電気は復旧するも・・・

その後は、TVで情報を確認。

家のネット回線の再設定など、色々やることもあったけど、概ね復旧。

余震などは繰り返しあるものの、何とか生活環境は整いました。

ただ、翌日わかったのですが、地域によっては、電気の復旧が遅れていたところもあったようです。

我が家近辺は、比較的早く復旧した模様。

断水した地域もあり、さらに大変な状況だったところもあります。

ガソリンは、私は、翌日、7:00オープンと同時に会社近辺のスタンドで補給できましたが、大都市の札幌市内は、1kmの列、リッター制限などがあった模様。

店員に聞くと、物流が完全に止まっているので、燃料なくなったら閉店で、次いつ入るかわからないとのこと。

物流の問題

そう、物流。

これがストップすると

こんなことになってしまいます。

今日の段階で、こんな感じですからね。

早いところ復旧してほしいです><

ニュースによれば、本日辺りから再開されたようで、近日中には店頭に商品も並ぶようになるのではないでしょうか。

おわりに

今回、被災して初めてわかりました。

やはり、備えは大事なんだと。

今回は、停電は1日足らずで復旧してくれましたが、地域によっては丸2日停電していた地域もあるようです。

自宅に保管していた物だけだと、恐らく3日凌ぐのは難しかったかもしれません。

これが夏場ではなく、冬だったり、長引いた時のことを考えると・・・ちょっと恐いです。

我々よりも復旧に時間がかかったところもあるので、今回は事前の備えを怠っていた、反省だらけの震災でした。

これを機に防災関連のグッズを非常用に備えておくことにします。

今後の教訓

・飲料水、非常食は最低3日分は常備しておく。

・懐中電灯、電池、ラジオは必ず常備しておく。(携帯不通で困りました)

・ゴミ袋、テッシュ、トイレットペーパー、断水用にポリタンクは常備しておく。

・ガソリンは、常に半分以上にしておくよう意識しておく。

・現金はある程度、保持しておく!ATMは動きません。カード払いはできません。

・電気、水道が止まると、お風呂に入れません!体を拭くシート等も用意しておきたい!

・断水した人に聞くと、携帯用トイレや簡易トイレもあったほうが良いとのこと!

皆さんも、備えだけはしておきましょうね。

くじらっきー
くじらっきー
災害への備えは大事ですね><
ABOUT ME
くじらっきー
低収入と言われている福祉の仕事をしながら、資産形成のために投資を行っています。過去の投資体験から学んだものを生かすべく、成功の道筋を日々探求している。

LINE登録無料です!

LINE@に登録すると、こんなメリットがあります!

・定期的なブログ更新情報を得る事が出来る!

当ブログでは、投資に関する情報、仮想通貨の話題(各通貨の情報やお得なエアドロップ情報など)、投資に関する知識など、筆者の投資経験を生かして、情報発信しております。

全て、無料でお届けしているので、余計な費用は一切発生しません!

是非、繋がりましょう!

 

友だち追加

POSTED COMMENT

  1. タクコロ より:

    関東もいつ大地震がおきてもおかしくないと言われてるので、買い置きの品参考にさせてもらいます。
    ペットボトルのライトテレビでやってましたね。
    ご無事で何よりです。

    • くじらっきー より:

      タクコロさん
      今回の地震が冬じゃなかったかとが、幸いしました。冬になれば、寒さ対策も必要になりますよね。備えあれば憂いなしといいますし、劣化しないものは、常に置いておきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です