ICO

それでもあなたはICOに投資しますか?氾濫するICOビジネスに注意しよう。

こんにちは、くじらっきー(@toushikujilucky)です。

最近、こんなツイートをしたところ

意外と反応いただけたので、共感してくれる人もいるんだなーと思いました。

今回は、増え続けるICO。今もまだお金を入れる価値があるのか?

さらに、日本で流行しているICOビジネスについて、くじらっきーが思ってることをツラツラ書いてみようかと。

まだまだ、ICOに魅力を感じている人にとっては、辛口になるかもしれないけど、個人のブログですし、思ってること書きたいじゃない!

くじらっきー
くじらっきー
ICOに参加する前に見てみてね!

金融庁も考えるICO規制

まずは、この記事をご覧ください。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/11/news046.html

ITmediaNEWSさんより

昨日、金融庁が開いた会合の記事。デメリットばかりではなく、メリットにも目を向けて、正しい規制とするべきだ。との意見も出ており、その部分については良いと思う。

ICOが、仮想通貨の好況の一躍を担ったのは事実だし、仮想通貨市場とICOは単純に切り離せないというのはわかります。

だから、現状、日本においては、ICOの完全規制とはなっていない。

でもさ、金融庁さん、昨年こんな注意喚起だしたよね。

ICOについて~利用者及び事業者に対する注意喚起~金融庁

これって、取引所として登録しないと、できないよ。

取引所への登録が、昨今、一筋縄じゃいかないこと考えると、事実上規制状態

テックビューロが、COMSAをICOのプラットフォームにすると大々的に宣伝して、ICOを行ったのは記憶に新しいところ(くじらっきーも参加してます)

そんなテックビューロもコインチェック事件の影響で、厳しい行政処分を課せられている最中で、それどころではないようです(頼むよ。ほんと・・全然情報ないし、相場死んでるよ!)

そういう状況だから、ICOビジネスなんてものが流行ってしまうんですよ。

ICOビジネスは規制すべき

https://twitter.com/toushikujilucky/status/980455963395211264

どうして、こんなクソビジネスICOがまかり通ってるのか。

日本では交換業取れないし、海外で会社を作ればいいや!日本には代理店という形にしておこう。

大々的に宣伝できないから、クローズドでやろう。集客方法は、セミナーやLINE@を使って、ここだけの話とかいっておけば希少性も高まるよね!

うまく、お金集められたら、マイナーな取引所に上場させよう。で、初値を基準に○倍まで上がりました!ほらね大成功!ってアピールしよう。

売り圧強くて、暴落するけど、ある程度買い支えしておいて、その間に、大成功したと既成事実にし、プロジェクトは進行中ってことにして、期待感持たせよう。

じわじわ値段が回復してきたところで、少しずつ売っていこう。値段が下がるたびに、ホルダーへのアピールも忘れずにね!

うまく、売り抜けられたら、次のICOを作るぞー!!

こんなことがエンドレスで行われている無法地帯は異常ですよ。

実際にこういったICOを信じて投資しても、結果が出るのがまだ先で、事が公になってないだけ。クソICOに投資して、未だに信じている人もいるでしょう。

運営側は、上場して値がついたんだから、詐欺じゃないっしょ!と言い逃れもできる。

10倍・100倍当たり前と煽っても、◯円で上場させるから、買値より値上がり確実と謳っても、クローズドでやれば目立たないし大丈夫。

まだまだ、色々な手口あるけど、これがICOビジネスの真相です!

こういうのは淘汰されるべきだけど、結局このような輩は、新たな手口を見つけてくるので、最終的には、投資家が自身の身を守るしか方法はないんですよ!

クソICOでお金を失って、投資は自己責任!と断罪され、泣き寝入りしかないなんて、ほんとやってらんないと思いません?

ICOの見極めが大変だからこそ、ICOビジネスが氾濫する

こんな現状になっているのも、そもそもICOというのが、わけのわからん事業に投資するという性質を持っているからだ。

くじらっきーもたくさんのホワイトペーパーを読んできましたが、小難しい抽象的なことばっか書いたプロジェクトがほんと多いよね。

わけのわからんもんを別言語で説明されても余計わけわからん。

なんで、見極めがとても大変。読んでるうちに、どれもこれも「おお、すごいじゃん!いいね!」と思ってしまうことないです?

私はむっちゃあります。苦労して読んだものは自然と良いものと思えてしまったりする。

よくよく考えたら、むこうもビジネスです。投資してもらえるように、ホワイトペーパー作ってるわけですから、そう思わせられるのも当たり前ですよね。

ただでさえ、見極めが大変なICO

素人が読んでもわけわからんのだから、そのプロジェクトが信用できるかどうかは、その筋に詳しい人にまかせてしまうという人もいるでしょう。

信用できると思われる会社に判断してもらうとか。(TGEなんかもそうだよね)

でも、わからないから、専門家にまかせよう!となっても、専門家が信用できるか判断するのは、結局、自分です!

ここにも大きな罠が一つあり、専門家きどりのクソICOビジネスの手先にひっかからないことが大事です!

よくありません?「本物のICOを教えます」「真のICOプロジェクト」とかいうサイト。

このサイトでは、たった3つの条件を満たしたICOであれば、10万円が1億円になるんですって。へーすごい。

こんなの専門家でもなんでもないですから騙されてはいけませんよ!

仮想通貨に精通している人から情報を得ました!極秘プロジェクトのプレセール情報を入手しました!といういかにも貴重な情報をあなただけに教えますよ系の手口にも注意です!

正直、LINEは、この手口の温床となってますからね!

くじらっきーは人柱になって、クソICO情報提供のLINE@に登録してみてますが、まぁ毎日毎日飽きもせず送ってきますわw

ICOはやっぱり魅力⁉︎

こういった、手口のビジネスが流行るのも、ICOってやっぱり魅力があるからなんだと思います。

短期間で、資金が数倍になる可能性を秘めているってのは確か。

それに、複雑な売買しなくて済む。1回買って、買い値より高く売るだけですからね。

夢がありますよね。

だけど、これだけ世にICOが蔓延していると、そんなICOを見つけること自体、雲を掴むような話です。

それでも、宝くじに投資するよりは確率が高いですよ!と煽ってくる人もたくさんいるけど。

くじらっきーは、昨年はけっこうICOに投資したけど、元値割れしたものもたくさんありました。爆騰したものもあったので、トータルではプラスですが。

正直、数打ちゃ当たるって感じだったと思う。

でも、今は数が無数にありすぎて、当てられないですわ。

当てにいくようなものは、そもそも投資ではないと思い、ICO参加は控えるようにしました。

なので、プロジェクトが動き出していることを実感できるもの。そのプロジェクトが明確なもの。実際に上場して値動きや出来高を確認できるもの。に今後は注目していこうと思います。

規制が行われて、ICOに安心して参加できる環境が整ってくれば、また考えていきたいです。

現時点でICO投資は、危険度が高すぎて、とてもお勧めしていけないですね。

くじらっきー
くじらっきー
ICOビジネスにひっかからないように注意だよ!

ABOUT ME
くじらっきー
低収入と言われている福祉の仕事をしながら、資産形成のために投資を行っています。過去の投資体験から学んだものを生かすべく、成功の道筋を日々探求している。

LINE登録無料です!

LINE@に登録すると、こんなメリットがあります!

・定期的なブログ更新情報を得る事が出来る!

当ブログでは、投資に関する情報、仮想通貨の話題(各通貨の情報やお得なエアドロップ情報など)、投資に関する知識など、筆者の投資経験を生かして、情報発信しております。

全て、無料でお届けしているので、余計な費用は一切発生しません!

是非、繋がりましょう!

 

友だち追加

POSTED COMMENT

  1. タクコロ より:

    恐ろしい((((;゜Д゜)))
    どこの世界も、あこぎな手段でお金を奪うやつらはいるものだ。
    しかし、やっぱりどこか楽したいと言う気持ちがあるから漬け込まれんだろなー。

    • くじらっきー より:

      タクコロさん
      そりゃあ、何も考えずにお金預けて増えりゃ一番良いですよね。
      仮想通貨は、情弱が圧倒的に不利。そして、情報の精査も必要。簡単に参入できるわりに、意外と敷居が高いことに気づかされました。

  2. とみます より:

    ICOしないで直接上場させるの増えてますよね~
    投資している個人としたら嬉しいけど、ファンダーの上場資金はどうしてんだろー汗

    • くじらっきー より:

      とみますさん

      投資家にとっては、直接上場が嬉しいですよね。NANJの場合は、コミュニティが強いので、寄付金で集めたみたいですねー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です