HTMLコイン関連

HTMLコイン続報②(内紛の結末は?POMACOINに分裂!?)

こんにちは、くじらっきー(@toushikujilucky)です。

注目していたHTMLコインに動きがありました。

何より、情報源が現状、テレグラムしかなく、日本語での情報もないので、

テレグラムの動向を確認して、見えてきた私なりの考察となりますことご承知おきください。

HTMLコイン日本語コミュニティでも取り上げられていないことから、ポジティブな内容でないことは間違いないでしょう。

過去の内紛問題に関しては、以前の記事をご覧いただければと思います。

HTMLコインの危機!?内紛勃発か!?コミュニティの反応は?

HTMLコインの内紛問題終息か!?CEOの発言をチェックしていくよ!

HTMLコイン続報

今回の内紛問題の主役は?

以前、内紛問題が起きた直後に公式テレグラムも分裂したことを取り上げました。

HTMLコイン公式テレグラムとPOMAコミュニティになります。

こちらですね。

今回は、この新しくできた、POMAマークのテレグラムからのコメントを拾っていきました。

以下、和訳済みのものは、テレグラム内容の抜粋となります。

 

今回の内紛問題の原因はCEOのアマンドとアルトゥーロ氏の対立だったようです。

以前のHPからの抜粋です(現在はリニューアルされました)

テレグラム内のこのコメントからも、確認できます。

ある会社にCEOがある場合、重要な決定はCEOによって行われますが、それは本当に新しいものではありません。 アマンダは良いCEOであることに加えて私が信じている良い人です。 だから、アルトゥーロとアマンダの間の人格の衝突以外に何があったのか分かりません。 それがあれば、それはすべての職場で起こるただの自我のことですが、それを側に置くことによって克服することができます。 私はこれが現時点でのものではなく、このようなクールなアプローチによって避けられたと思う。 上記のように、POMAやHTMLで大量採用が行われることを証明するために、彼らは大衆による互いの採用を支援するエコシステムで無料の方法で作業しなければならないと思います。

この二人に衝突があったのは間違いないようですね。

その証拠に、分裂した側のPOMAテレグラム内では、アルトゥーロ氏の発言が重要発言となっております。

アルトゥーロ氏が声明発表

そのPOMAテレグラム内で、アルトゥーロ氏が声明を発表しました。

声明文サイト

 

この中で、なんとPOMAコインの発表がなされたのです。

ポマコイン紹介
新しいプロジェクトのためのスペースを確保するために、新しいブロックチェーンを構築することに決めました。 したがって、ポマコインが導入される予定です。 POMACOINの仕様は、2018年の第2四半期にリリースされる予定です。

POMAcoinの配布は3段階で行われます。
HTMLCOIN所有者向けの専用コイン配布
[BOUNTY PROGRAM]詳細は今後数週間で公開される
パートナープラットフォーム(名前は後で明らかにされる)を通じた私用コインの分配

私たちは、透明性を提供し、常に政府によって課されたすべての要件を満たすことができるプロフェッショナルなモデルを構築しました。 KYCは第1ステージと第3ステージで使用されます。パートナー様と協力してGDPRや世界のさまざまな地域に適用される他のルールなどの要件を満たしています。

 

プロジェクトPOMAへの一般市民参加
POMACOINは、当然ながら、後の段階で一般に公開されるようになります。 一般市民が参加できる機会を作ります。 これを実現するために、我々は適用される規制および法律を遵守するために最善を尽くしています。 プロジェクトPOMAはグローバルであり、世界中の誰もが参加できる十分なスペースがあります。

プライベートメンバーエリアには、すぐに新しい開発が発表されます。 クラウドセールの機会に関する最新情報をお待ちしています。

 

プロジェクトPOMAは民間会員プロジェクトです
私たちの目標を達成するために、私たちはProject POMAを私設会員制プロジェクトにすることにしました。メンバーである人のみがプロジェクトに参加でき、POMACOINにアクセスできます。このメンバーシップはINVITE ONLYとなり、申請と承認が必要です。

ダイナミックで急成長するコミュニティを健全な状態に保つためには、プロジェクトの各メンバーからの積極的な参加が必要です。これは、メンバーがProject POMAの関心を引く活動に貢献し、参加する必要があることを意味します。この目的のためにプライベートフォーラムが設立されました。
メンバーシップ特典&特典
Project POMAのすべてのメンバーは、プライベートメンバーエリアで自由に移動でき、フォーラムとPOMACOINプライベートディストリビューションプログラムにアクセスできます。

メンバーは意思決定に声を出すことができ、国民投票はProject POMAに関係する重要な事項に使用されます。

ポマコイン早期入手可能
メンバーは、ポマコイン打ち上げのステージ1の最初の15日間は特別な機会があります。これは、コインの配布や公的機会の後期段階から大幅に減額されます。これと独占的な賞金プログラムの詳細は、Project POMAのメインサイトで公開されています。

 

Project POMAの会員資格を取得するには?
招待状、応募書類、受付のみによる会員制。 現時点では、会員は一般の人には利用できません。 すでにメンバーになっている人は、チームにメンバーシップを申請するためにあなたを招待しなければなりません。

メンバーシップを申請する際に、Project POMAにどのように貢献すると思われるかが尋ねられます。 私たちは、世界中のあらゆる人の参加が可能になるように様々な可能性を提供しています。

 

短期ロードマップ(次の2週間):
すべての優れた機能を備えたPOMApagesを起動する
POMAメインサイトを立ち上げる
会員制/参加制度を開始する
コアチームとその公式グローバルオフィスを発表
POMA Blockchainで構築される最初のプロジェクトを明らかにする

 

POMAチームのHTMLプロジェクト
POMAチームは、私たちが約束したHTMLプロジェクトを引き続き実施します。

主要な支払い(Wordpress + Woocommerceベース)
誰でもウェブサイト、ウェブショップ、またはアプリケーションを実行し、htmlcoinの支払いを受け入れることができます!
htmlcoin用のチップと報酬のプラグイン
テキスト、画像、芸術、記事などのコンテンツのhtmlcoinでヒントや報酬を受け取ることができます。
コンテンツロッカープラグイン
コンテンツを提供し、htmlcoinを受け入れてロックを解除することができるコンテンツの一部を「ロック」する。
POMA Gateway PHP SDK
POMAの財布を他のクールなプロジェクトにできるだけ簡単に統合するために使用するPHP SDKをリリースします。
POMA Wallet Control WordPress Plugin
POMAウォレットの作成、コインの送受信に使用します。 このウォレットは、POMAゲートウェイと統合された多くのプロジェクトで使用できるようになります
コンテンツを提供し、htmlcoinを受け入れてロックを解除することができるコンテンツの一部を “ロック”する

なんとまぁ・・・

声明文を読む限り、本当に具体的なプロジェクトとして進んでいるようです。

ポイントとしては、

・POMAコインは第2四半期にリリース。

・HTMLコイナー向けの専用コイン配布。

・Project POMAを私設会員制プロジェクトにすることにするよ。

・Project POMAの会員資格を取得するには、メンバーの招待が必要。その際、どのように貢献するか問われる。

・2週間後に、POMAメインサイトを立ち上げるよ。

・HTMLコインプロジェクトは引き続き実施するよ。

というところでしょうか。

テレグラムでの反応は?アルトゥーロ氏の発言は?

この声明文後、テレグラムでは様々な反応がありました。

一般の方からこのような質問が出ています。

申し訳ありませんが、私はまだ少し混乱しています。

「メンバーである人だけがプロジェクトに参加でき、ポマコインにアクセスできます。」 これは、poma会員で、htmlコインも持っている人は、最初はポマコインの資格がある唯一の人ですか? または、メンバーシップに関係なく、すべてのHTML保有者は、最初の配布時にポマコインを保持する利点がありますか?

そして、その返答は、

初期の抱えるグループがあります。私たちは2週間後、皆さんをそこに連れて行く準備ができていることを願っています

2週間後に発表しますよってことでしょうかね。

そして、アルトゥーロ氏の発言では、

私たちがこれについて言及した最後の時であることを約束します。ここ数ヶ月に起こったことを楽しませるために時間を費やすことはありません。 私たちは前進する準備ができていますが、彼が実際に彼を乗ろうとしているすべてのことをやってきましたが、私たちが達成したいことを気にしていないことは明らかですので、今日この章を閉じましょう。 私たちのプロジェクトを発展させます。 達成するためにはそれほど多くのことが必要です。

私はHTMLcoinがPOMAに等しいトークンを受け取るべきであるか、人々がHTMLを保持する量に匹敵する人のために、ハードフォークを議論すべきだと思います。 POMAは、HTML用ではない場合には実現しませんでした。 私は、HTMLコミュニティが放棄されるか放棄されるとは思わない。 白書は、HTMLコミュニティで変更されるべきものではありません。 私がHTMLに白紙を読んで投資したとき、私はその白書に記載された考え方に自分のお金を入れました。 長いプロジェクトに沿って分割されることによって、これは私が最初に投資したときに作成された「契約」の中断であると私は信じています。 私は、HTMLがその任務声明をそれに応じて実行し、それが信頼の中断であること以外は何かを行う義務があると信じています。

さらには、

あなたは事実を欲しがります、あなたの事実はここにあります:a)チームに相談せずに名前とプロジェクトを危険にさらさずにコインを賭けてコインを払うb)あなたのチームに相談せずに犯罪記録を持つ人を雇うc)過去数ヶ月の決定についてコミュニティが持っていた質問に答えるためにいくつかの機会に参加しました。d)資金をどのように扱い、答えとしてNOを得るのかを示すmultisig財布を求めるf)ガバナンスの欠如g)あなたがはい人でないときにあなたを侮辱します。あなたが過去4年間構築したビジネスを持っていて、これらの問題が見える場合は、あなたが構築したものを危険にさらしますか?あなたがプロジェクトにすべての努力を払ったことを知っているあなたの背後にある決定がある場合、あなたはどうしますか?あなたは、私たちが彼らのために開発しているプロジェクトをhtmlで所有していると言いましたが、これを実現するために開発者に支払っていますか?私はあなたがそれを得て、私たちが離れていたかもしれないと信じていると信じています。私たちはコミュニティを心配しているので、ここにいるので、決して根拠のない議論と不平を持ってカムバックしないでください。私は健全な議論を尊重しますが、今からそれが私たちの発展に関するものです。

あなた=アマンドCEOですよね。痛烈に批判しています。

そのコメントに対しては、このようなレスがついていました。

あなたがアマンダと大きな時間を過ごしたようです。 私はその男に会ったことがない。 しかし、私は実際に職場での紛争や紛争には心配していません。 私はそのような問題を横に置くことができ、HTMLプロジェクトと無料のPOMAプロジェクトが共存し、お互いに協力し合って互いに利益のあるエコシステムを作り上げることを助けることを願っています HTMLとPOMAの大量採用の証明を達成するためにコミュニティを形成し、暗号通貨が繁栄し、最大の成功を享受できるようにします(最も重要なコミュニティです)。

この問題を考察してみる

いやーこの一連の流れを見ている限り、

アルトゥーロ氏とアマンダCEOの溝は深いのでしょうね。

ハードフォークする気満々です。

ただ、声明文では、HTMLプロジェクトは引き続き実施すると言っているあたりがせめてもの救いでしょうか。

最後の方の発言にもあるように、内紛問題はもう起こってしまったのだからしょうがないとして、お互いが協力しあって良いプロジェクトとなる道を最後まで模索できないのでしょうかね。

はっきりいって、POMAプロジェクトなしに、HTMLコインが普及するのは難しいと思うのですが・・POMAコインにしたってプロジェクトのみが分離して、普及していけるの?と思ってしまいます。

ビットコインとビットコインキャッシュのように、ハードフォークしても共存できるのでしょうか?

一方のHTMLコインのテレグラムのほうは、ざーっと見たのですが、このことにあまり触れていないような気がします(拾い切れてないだけかもしれませんが・・)

新しいHPで新しいプロジェクトメンバーを発表するよ!というコメントはありましたが・・

いずれにしても2週間後にPOMA側からの発表がありそうですね。本当にハードフォークするのでしょうか。

 

なんだか、HTMLコインにとっては、ネガティブな情報とは思うけど、この動向はホルダーとして最後まで見守ろうと思っています。

では、また詳細分かり次第、記事UPさせていただきますね!

ABOUT ME
くじらっきー
低収入と言われている福祉の仕事をしながら、資産形成のために投資を行っています。過去の投資体験から学んだものを生かすべく、成功の道筋を日々探求している。

LINE登録無料です!

LINE@に登録すると、こんなメリットがあります!

・定期的なブログ更新情報を得る事が出来る!

当ブログでは、投資に関する情報、仮想通貨の話題(各通貨の情報やお得なエアドロップ情報など)、投資に関する知識など、筆者の投資経験を生かして、情報発信しております。

全て、無料でお届けしているので、余計な費用は一切発生しません!

是非、繋がりましょう!

 

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です