FX

トルコリラ円大暴落‼︎スワップトレードの3つのリスクとは?

こんにちは、くじらっきー(@toushikujilucky)です。

今回は、ちょっとシビアな記事を書こうと思います。

トルコリラの大暴落で、被害者多数のスワップトレードについてです。

FXを行っている方は、ご存知の方が多いかもしれませんが、金利差を狙ったスワップトレードというものが存在するのです。

今回の記事では、スワップトレードは、相応のリスクを伴うし、きちんと理解していないと高確率で負けるトレードであるということを説明したいと思います。

くじらっきー
くじらっきー
スワップトレードについての記事だよ!

スワップトレードとは

まず、スワップトレードとはどのようなものなのか?

例えば、日本とアメリカを例にあげてみます。

日本はご存知のように長きに渡りゼロ金利政策が継続中です。よってほぼ0に近い金利。

一方、アメリカは景気の回復に伴い、昨年あたりより金利を上げてきています。

こんな感じに日本との金利差も広がっています。

そこで、為替FXにおいては、日を跨いで持ち越したポジションに対して、スワップポイントという金利差を埋めるための差額を受け取る(支払う)こととなるのです。

米ドル/円の場合、ロングポジションは米ドルを買って円を売る取引になるため、2国間の金利差、表で言うと「米ドル2%-日本0.1%=1.9%」分のスワップポイントを受け取ることができます。

逆にショートポジションだと、マイナススワップポイントとなります。

得られるスワップポイントは各FX業者によっても異なっています。

ヒロセ通商より引用

こちらは、ヒロセ通商のスワップポイント一覧の一部。

一番上のUSD/JPYがドル/円のスワップポイントになります。

ご覧のように買いでは1ポジションあたり1円、売りは-11円のスワップポイントとなっているのがわかりますね。

つまり、ドル/円の場合、買いポジションを持ち越すと1円得られる。

これを、金利差の大きい通貨ペアで行って、スワップポイント=円を貯めていこうというのが、スワップトレードの醍醐味となっています。

金利を上げる理由とは

金利が高い理由は、各国で色々あるのですが

先のアメリカの場合は、景気の過熱を防ぐため=インフレ抑制のため。

急速なインフレは国民を苦しめてしまうので、それを予防するためと言えます。

過去に金利の高かったオーストラリアドルやニュージーランドドルなどもそのような理由からです。

一方、トルコ・南アフリカなどの新興国の場合はちょっと違います。

新興国が金利を高く設定している理由は、資金調達のため。

先進国からお金が入ってくるようにするためなのですね。

南アフリカは鉱山資源などがありますが、トルコの場合は目立った貿易もできないため、高金利にして資金を呼び込むしかないわけです。

国が破綻しないように、やむなく行っているんですね。

このように、各国によって金利を上げる理由が異なっていることを理解しておきましょう。

トルコリラ/円の動向

こちらが、今回の殺人通貨、トルコリラ/円の週足チャートです。

こちらが、月足チャートです。

5年前の2013年では、56円あったトルコリラ円ですが、現在は17円。

その価格差は、実に1/3以下となってしまってます。

その理由は、トルコという国は政情が非常に不安定で有名です。テロなんかも度々起きていますよね。

とりわけ、エルドアン大統領の独裁政治が続き、中央銀行に圧力をかけており、金利政策がまったく機能していません。

そんな危ない国の通貨を誰が買いますかって話です。

信用のない通貨の国がお金を集めるには金利を上げるしか方法がないわけです。

まぁ、上げまくってもこんな殺人チャートになったんですが・・・

その他にも、スワップポイント狙いのロングポジションが貯まりすぎて、ストップが大量について急落という話もあります。

やれやれです。

スワップトレードのリスクとは

さて、こんな殺人的なチャートで、下がるということがわかっていてもトレードをする人達がいます。

スワップポイントを狙ったトレーダー達です。

そこで、スワップトレードのリスクについて考えてみます。

スワップトレードの紹介でよく見るのが、スワップポイントを計算して、下落率と比較して計算しているサイト。

この数年の下落でも計算上、ロスカットにさえかからなければスワップポイントが上回り利益を出せる。

いずれ、トレンド転換して為替差益も同時に得ることができる。

余裕のある資金で買い下がっていけば大丈夫!

過去チャートから推測して、ここまでの下落は想定しにくいから大丈夫!

など、期待感高まる記事をよく目にします。

ですが、投資家の考え方次第では、非常に高リスクなトレードになります。

スワップポイントは業者が決めれる

スワップポイントってFX業者によって違うんですね。

それすなわち、FX業者がスワップポイントを決めれちゃうのです。

各国の政策金利で金利差が逆転して変わる場合ももちろんあるのですが、それ意外の理由で変わってしまう場合もあります。

FX業者がリスクを軽減するために、スワップポイントを変更する場合もるのです。

例えば、大相場などで注文が捌ききれない時など。

各業者はスワップポイントの見直しは毎日行われていると謳っているので、変更しても良いのです。

大相場があったわけではないのに、スワップポイントを減額というのも過去にはありました。

ストップをつけにくる大口投資家の格好の的

スワップトレードって、機械的にナンピンしていきますよね。

例えば、切れ目の良い数字で、50銭ごとに・・・など

各々の資金量に合わせて、行っていると思いますが。

ポジションを持つことでスワップポイントを多く得られるチャンスとなるわけですから買い下がります。

ということは、自ずと有利な金利の通貨にポジションが傾くわけですね。

ですが、いずれかの時点で、買い下がっていた人も耐えきれなくなってストップがつく。

大量にロスカットが発生した結果、急落となります。

大口投資家とは、ストップをつけてなんぼ。

見えるストップが近くに迫っていれば、そりゃあ狙います。

そんな大口投資家の格好の的になってしまうわけです。

今回ロスカットされたポジションの方達は、数年前から耐えていた人のロスカット・・・

だったかもしれません。

投資家自身の問題

この部分が一番の問題だと思うのですが

スワップトレードは為替差益を犠牲にして、スワップポイントで利益を得るトレードです。

なので、耐えなくてはならないものがあります。

為替差益分の含み損です。

これは、必ず目につきます。

頭ではわかっていても、マイナス表示の口座を見ると辛いものがあります。

そのいつもマイナス表示の口座残高とスワップポイントの利益残高。

それが、いつしか見慣れた光景となり、含み損状態に慣れてしまう(麻痺してしまう)

トレードで失敗をしたことある人ならわかると思うのですが、利益は早く確定させてしまうのに、その逆の損は耐えてしまう人が多いのです。

意外と耐えれてしまうのです。

むしろ、下がってくれたほうがポジションを増やせて良いなどという思考に陥る人すらいます。

ですが、いずれ想定のギリギリのラインに来た時に、気づきます。

いや、やっぱ無理かも・・・・・と

通常、トレードを行う時は、損失が出てしまった場合、どのくらいの金額になるのかをきっちり決めて行う必要があります。

それを行わずにトレードするのは、資金管理的にはアウト。

ですが、このスワップトレードの場合、最初は想定できていたとしても、ぎりぎりになってやっぱ無理ということも多いのです。

なぜなら、長い年月をかけてトレードするから。

損失=お金の損失+時間の損失

になってしまうのです。

時間をかけた上にお金を失ってしまっては、何のためにトレードをしていたのかってことになります。

それに、このトレードを始める時に、負けることよりも、スワップポイントで勝つイメージのほうが当然強いですよね?

じゃなきゃ始めようと思いませんから。

なので、損失確定が近づいてきた時、苦しむことになってしまうのです。

スワップトレードに手を出す人は裁量トレードを諦めた人

テクニカル分析などを利用し、裁量トレードで勝つためには、学ばなければならないことが多く、大変です。

FXの勝ち組が10%しかいないという数字を見るとその大変さは明らか。

そんなトレーダーが裁量トレードを諦めて行き着く先がこのスワップトレードとなることが多いのです。

だけど、裁量トレードを諦めてしまったトレーダーが、この資金管理が極めて重要なスワップトレードで利益を出せるのか?と考えると非常に疑問です。

スワップトレードは、コツコツ積み上げていったものが一瞬で失われてしまうリスクが非常に高いトレード。

裁量トレードを簡単に諦めてしまうような人が、勝てるトレードとは決して思えません

もちろん、人には合う合わないもあります。

場を見れないリスクや、戦略・タイミングが大切な裁量トレードより、機械的に指値を入れて放置しておくだけのスワップトレードのほうが楽だし良いと考える方もいるでしょう。

ただ、裁量トレードであってもこのスワップトレードであっても、正しいリスクの捉え方をして、受け入れて挑むべきだと思います。

「リスクを受け入れたつもり」ではなく、「リスクを受け入れてから」トレードをしましょうね。

くじらっきー
くじらっきー
最後まで読んでいただきありがとうございます!また次回の記事でお会いしましょう!
ABOUT ME
くじらっきー
低収入と言われている福祉の仕事をしながら、資産形成のために投資を行っています。過去の投資体験から学んだものを生かすべく、成功の道筋を日々探求している。

LINE登録無料です!

LINE@に登録すると、こんなメリットがあります!

・定期的なブログ更新情報を得る事が出来る!

当ブログでは、投資に関する情報、仮想通貨の話題(各通貨の情報やお得なエアドロップ情報など)、投資に関する知識など、筆者の投資経験を生かして、情報発信しております。

全て、無料でお届けしているので、余計な費用は一切発生しません!

是非、繋がりましょう!

 

友だち追加

POSTED COMMENT

  1. タクコロ より:

    スワップが今一わかってなかったので、大変勉強になりました。

    リスクを受け入れて取引してきます。

    • くじらっきー より:

      >タクコロさん
      スワップは、いわゆるインカムゲインなのですが
      それに目がいきすぎると、肝心の為替差益でやられてしまうので注意です。

  2. とみます より:

    殺人通貨…くじらっきーさんに出合ってなかったら、死んでました(;・∀・)チーン。ありがとうございます(*´▽`*)!!

    • くじらっきー より:

      >とみますさん
      とみますさんインカムゲイン好きですものねw
      スワップとトレードは、たった1敗で時間もお金も同時に失うことを
      きちんとリスクとして許容できれば良いのですけどね~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です