仮想通貨

市場心理を考えてみる(ビットコイン相場)

こんにちは、くじらっきーです。

前回は、テクニカル分析を利用した、現在のビットコイン相場を検証しました。

今回は、ビットコイン相場を例に、市場心理を考えていこうと思います。

現在のビットコイン相場(市場心理編)

皆さんは、持っている仮想通貨の値段が上昇したらどのように思いますか?

嬉しいですよね。

では、下落したら?

悲しいですよね。

市場というのは人々の心理に大きく左右されます。

仮想通貨もこの短期間の暴騰・暴落で多くの感情が交錯してましたよねー。

Twitterなんか特に顕著。

イケイケの上昇相場の時は物凄い盛り上がり、タイムラインも賑やかですが、

逆に、暴落相場だとタイムラインはお葬式みたいに静かになります。

まぁ、握力が大事だ!とか、狼狽すんな!とかいう声もあって面白いですが。

引用元:https://bitflyer.jp/ja-jp

前回同様、ビットコイン日足チャートです。

これは、どこで購入したかが、大きく影響するため、今回は95万円付近で

購入した人の心理を考えて行きたいと思います。(白○付近)

買ってすぐに暴騰開始!あっという間に含み益が増加!

寝ている間にお金が増えていくうううううう!(黄色矢印)

このまま1000万円までいくのでは!と夢も膨らみます。

仮想通貨バンザイ\(^o^)/

 

12月17日からの5日間下落でも、まだ50万円も含み益はあるし、調整調整!

まだまだ余裕です。(水色矢印)

反発して、再上昇し、ほらほら~狼狽しなかくて良かった!安堵。(緑矢印)

 

再度、反落・・そしてコインチェック事件・・含み益が・・(赤矢印)

とうとう、含み益がなくなり含み損へ・・もう辛い・・ろうば・・( ´д`ll)(ピンク矢印)

 

この数カ月の間にかなりの心が揺れ動いたかなと思います。

資金がある人は買い増しをした人もいるでしょうし、

そのままぐっと堪えて(気絶して)いた人もいたかもしれません。

 

ただ、この心理って、参入した時期やどのような資金でやっているかでも変化します。

もっと前から購入した人はまだまだ含み益で余裕かもしれないし、

高値で掴んでしまった人は、膨らむ含み損に苦しんでいるかもしれません。

余剰資金でやっている人は、この程度の乱高下は想定内で動じないかもしれないし、

全財産を投じた人は、この暴落でこの世の終わりだと落ち込んでいるかもしれません。

 

様々な心理が織り込まれて市場が形成されているんですねー。

そのような市場心理を読み取って、相場を検討するのも

大事なことではないかと思います。

おわりに

今日は、市場心理について考えてみました。

Twitter等のSNSを見ていると、買い煽りや売り煽りも多くありますし、

そういった意見を見て、不安になる人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、自分で、チャートを見て市場心理を検討してみることを

お勧めします。

ABOUT ME
くじらっきー
低収入と言われている福祉の仕事をしながら、資産形成のために投資を行っています。過去の投資体験から学んだものを生かすべく、成功の道筋を日々探求している。

LINE登録無料です!

LINE@に登録すると、こんなメリットがあります!

・定期的なブログ更新情報を得る事が出来る!

当ブログでは、投資に関する情報、仮想通貨の話題(各通貨の情報やお得なエアドロップ情報など)、投資に関する知識など、筆者の投資経験を生かして、情報発信しております。

全て、無料でお届けしているので、余計な費用は一切発生しません!

是非、繋がりましょう!

 

友だち追加

POSTED COMMENT

  1. とみます より:

    チャート見やすいですね~。
    感情に左右されないように、これからも勉強させて頂きます!!

    • くじらっきー より:

      とみますさん

      そうですね~冷静さは大事な要素ですよね。
      資金管理の部分とも絡んでくるんで、そのへん
      も記事にしていこうと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です